第一回師範講習会終了

2017年02月28日 15:51

2月26日(日)、第一回師範講習会を行いました。

今回は、理合を使った稽古と、前回の師範稽古に続き、手首から先を気に変えて使う技の稽古でした。

技の稽古というよりも、理合の稽古、手首から先を気に変える稽古と言った方が適切かもしれません。

正しく出来れば、どちらも一瞬で相手の状態を変化させることが出来ます。

一瞬で無力化することが出来ます。

しかし、なかなか正しく出来ません。

身体が思うように動かないのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

師範は、全く技の出し惜しみをしません。

今回も、こんなに体験させてもらって良いのだろうかと思うくらい何度も技をかけていただきました。

また講習会という事で、私も知らない技をいくつか伝授されました。

特別稽古で練磨していきたいと思います。


「今の私を見てすぐできるか教わればできるかと思うが、本当は何十年という訓練の結果が表れている、という事なのだ。そういうところを見なければならない。」

佐川幸義先生語録