意識と動きの原理

2016年01月01日 18:29

中国の書画界には

「意在筆先、力透紙背」

筆の先に意識が宿ると、紙の裏に浸透するほどの筆力になる。

という言葉があり、

拳学界には、

「意在指先、力透敵背」

指先に意識が宿ると、敵の背中まで突き通すほどの力が出る。

という言葉があるそうです。


また、書の筆使い、拳法の身体使いに関しては。

「欲上先下、欲左先右、欲前先後」

上に動かしたいと思うならばまずは下を、

左に動かしたいと思うならばまずは右を、

前に動かしたいと思うならまずは後ろを動かしなさい。

という教えがあるそうです。


稽古で氣をつけている事柄の一つです。