にわか達人

2016年03月21日 14:26

先日、久しぶりにKさんと稽古してきました。

Kさんは、大東流のほかにも様々な武術を修行されており、稽古の度に貴重なアドバイスをもらっています。

今回も毎度のことながら、当初はお互いに全く技がかかりません。

力がぶつかって崩せないのです。

そこで、立ち方や姿勢、意識の使い方等について、一つ一つ検証しながら稽古を進めます。

今回は特に、立ち方について、身体のある部分を意識して稽古しました。

そして、最後はこれまた毎度のことながら、お互いに「にわか達人」となり、触れれば相手が崩れる状態となりました。


いままで、何度達人になった事か。

本当に数えきれません。

この状態が冷凍保存できれば良いのですが・・・・・・・・・・・・。

最初から崩せない原因は、つまるところ、この状態が身についていないからだと思います。

要するに技量未熟、稽古不足です。

稽古に励むしかありません。


総て兵法の身におゐて、常の身を兵法の身とし、兵法の身を常の身とすること肝要なり。よくよく吟味すべし。

宮本武蔵 「五輪書」水の巻